分野:タックス

三択問題

 個人が2018年中に内国法人X社(上場会社)から株式の配当金(当該個人は発行済株式総数の3%以上を有する大口株主ではない)を受け、その配当の金額に対して所得税および復興特別所得税・住民税が源泉(特別)徴収される場合の税率は、合計【?】である。

  1. 10.147%
  2. 20.315%
  3. 20.42%



解答

2

解説

 上場株式の配当にかかる所得税および復興特別所得税・住民税が源泉(特別)徴収される場合の税率は、合計20.315%になります。

  • 所得税:15%
  • 復興特別所得税:0.315%(=15%×2.1%)
  • 住民税:5%

 なお、復興特別所得税は2013年~2037年の確定申告において所得税と併せて申告・納税する税金で、税額の計算式は「その年分の基準所得税額×2.1%」になります。