分野:相続

三択問題

 相続税の計算において、相続人が受け取った死亡保険金の非課税限度額は、「【?】×法定相続人の数」の算式により算出する。

  1. 500万円
  2. 600万円
  3. 1,000万円



解答

1

解説

 死亡保険金の非課税限度額の計算式は以下のとおりです。

非課税限度額=500万円×法定相続人の数

 上記の計算式の「法定相続人の数」は、相続の放棄をした人がいても放棄がなかったものと仮定して人数を計算します。