分野:リスク

正誤問題

 生命保険の保険料のうち、保険会社が保険契約を維持・管理するための費用に充当される付加保険料は、予定死亡率および予定利率に基づいて計算される。




解答

×(不適切)

解説

 生命保険の保険料のうち、保険会社が保険契約を維持・管理するための費用にあてられる「付加保険料」は、予定事業費率に基づいて計算されます。

 一方、保険会社が支払う保険金(死亡保険金や生存保険金)にあてられる「純保険料」は、予定死亡率および予定利率に基づいて計算されます。

  • 保険料
    • 純保険料(→保険金の支払いにあてられる)
      • 死亡保険料(→死亡保険金の支払いにあてられる)
      • 生存保険料(→生存保険金の支払いにあてられる)
    • 付加保険料(→保険会社が事業を続けるために使われる)