2019年5月試験

FP3級 学科試験 2019年5月 問37(過去問解説)

三択問題

分野:リスク

現在加入している生命保険契約を、契約転換制度を利用して新たな契約に転換する場合、転換後の保険料は【 ① 】の保険料率が適用され、一般に、転換する際には【 ② 】である。

  1. ①転換時 ・ ②告知および診査は不要
  2. ①転換時 ・ ②告知または診査が必要
  3. ①転換前の契約時 ・ ②告知および診査は不要



解答

2

解説

契約転換制度は、現在加入している生命保険契約を有効活用して新たな保険を契約する制度です。いわゆる「保険を乗り換え」です。

現在までに積み立ててきた積立部分や積立配当金を「転換価格」として計算し、それを新たな保険に充当する形になるため、現在加入している生命保険契約は消滅します。

なお、転換後の保険料は転換時の年齢に応じた保険料率が適用され、一般に、転換するさいには告知または診査が必要になります。

田口先生1
田口先生
本問は、2022年5月試験の第37問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。