2019年5月試験

FP3級 学科試験 2019年5月 問43(過去問解説)

三択問題

分野:金融

個人向け国債の金利の下限は、年【?】%である。

  1. 0.02
  2. 0.03
  3. 0.05



解答

3

解説

個人向け国債には、一定期間ごとに適用利率が変わる「変動金利型10年満期」と、発行時に決められた利率が満期まで変わらない「固定金利型5年満期」「固定金利型3年満期」の3種類の商品があります。

各国債の金利の下限(最低保証金利)は、年0.05%と決められています。なお、金利の上限はありません。

個人向け国債
変動10年 固定5年 固定3年
償還期間 10年 5年 3年
金利種別 変動 固定 固定
適用金利 基準金利×0.66 基準金利-0.05% 基準金利-0.03%
金利下限 0.05%
購入単価 最低1万円から1万円単位
中途換金 購入から1年経過後
発行頻度 毎月(年12回)
田口先生1
田口先生
本問は、2020年9月試験の第41問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。