分野:不動産

三択問題

 認定長期優良住宅ではない2階建ての新築住宅に係る固定資産税については、「新築された住宅に対する固定資産税の減額」の適用を受けることにより、新たに固定資産税が課されることとなった年度から3年度分に限り、床面積【 ① 】㎡までの部分に相当する税額が【 ② 】に減額される。

  1. ①50 ・ ②2分の1
  2. ①100 ・ ②3分の1
  3. ①120 ・ ②2分の1



解答

3

解説

 所定の要件を満たす新築住宅にかかる固定資産税は、1戸あたり120㎡以下の床面積に相当する部分の税額が、一定期間(5年間or3年間)にわたり2分の1に軽減される特例があります。