分野:金融

正誤問題

 米国の市場金利が上昇し、同時に日本の市場金利が低下することは、米ドルと円の為替相場においては、一般に、米ドル安、円高の要因となる。

解答

×(不適切)

解説

 米国の市場金利が上昇し、同時に日本の市場金利が低下すると、日本よりも米国で資産を運用するメリットがより大きくなります。

 その結果、円を売ってドルを買う動きが加速するため、米ドルと円の為替相場においては、一般に、米ドル高・円安の要因になります。