分野:不動産

三択問題

 借地借家法に規定されている定期借地権のうち、いわゆる一般定期借地権では、借地上の建物は用途の制限がなく、存続期間を【?】以上として設定するものであり、その設定契約は公正証書による等書面により作成する。

  1. 20年
  2. 30年
  3. 50年

解答

3

解説

 定期借地権は、一般定期借地権・事業用定期借地権・建物譲渡特約付借地権の3つに分類することができます。

 一般定期借地権は、借地上の建物は用途の制限がなく、存続期間を50年以上として設定するものであり、その設定契約は公正証書による等の書面により作成します。

3種類の定期借地権
一般定期借地権 事業用定期借地権 建物譲渡特約付借地権
契約期間 50年以上 10年以上~50年未満 30年以上
利用目的 制限なし 事業用のみ 制限なし
契約方法 書面 公正証書 制限なし