分野:ライフ

三択問題

 厚生年金保険の被保険者期間が原則として【 ① 】以上ある者が、老齢厚生年金の受給権を取得した当時、当該受給権者と生計維持関係にある【 ② 】未満の配偶者が所定の要件を満たしている場合、当該受給権者が受給する老齢厚生年金に加給年金額が加算される。

  1. ①10年 ・ ②60歳
  2. ①20年 ・ ②65歳
  3. ①25年 ・ ②70歳

解答

2

解説

 加給年金とは、老齢厚生年金の家族手当のようなものです。

 厚生年金保険の被保険者期間が原則として20年以上ある者が、老齢厚生年金の受給権を取得した当時、当該受給権者と生計維持関係にある65歳未満の配偶者が所定の要件を満たしている場合、当該受給権者が受給する老齢厚生年金に加給年金額が加算されます。

 なお、妻が65歳になった時点で夫の加給年金は打ち切られますが、その代わりに妻の老齢基礎年金に一定額が上乗せされます。これを振替加算といいます。