分野:不動産

三択問題

 自己が居住していた家屋を譲渡する場合、その家屋に自己が居住しなくなった日から【 ① 】を経過する日の属する年の【 ② 】までの譲渡でなければ、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」の適用を受けることができない。

  1. ①1年 ・ ②12月31日
  2. ①3年 ・ ②3月15日
  3. ①3年 ・ ②12月31日

解答

3

解説

 自己が居住していた家屋を譲渡する場合、その家屋に自己が居住しなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までの譲渡でなければ、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」の適用を受けることができません。

 例えば、住まなくなった日が2021年3月1日だった場合、2024年12月31日までに譲渡すれば「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」の適用を受けることができます。