2021年1月試験

FP3級 学科試験 2021年1月 問60(過去問解説)

三択問題

分野:相続

自用地としての価額が5,000万円、借地権割合が70%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%の貸家建付地の相続税評価額は、【?】である。

  1. 1,500万円
  2. 3,500万円
  3. 3,950万円



解答

3

解説

自己が所有している宅地に賃貸マンション等を建築して賃貸の用に供した場合、相続税において、当該宅地は貸家建付地として評価されます。

貸家建付地の評価額の計算式は以下のとおりです。

貸家建付地の評価額=自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)

貸家建付地の評価額=5,000万円×(1-70%×30%×100%)=3,950万円

本問では問われていませんが、「自用地」「借地権」「貸宅地」の各評価額の計算式もあわせて押さえておきましょう。

  • 自用地の評価額=路線価×奥行価格補正率×地積
  • 借地権評価額=自用地評価額×借地権割合
  • 貸宅地の評価額=自用地評価額×(1-借地権割合)

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。