2021年5月試験

【過去問解説】FP3級 学科試験 2021年5月 問18(一時所得)

正誤問題

分野:タックス

所得税における一時所得に係る総収入金額が500万円で、その収入を得るために支出した金額が400万円である場合、総所得金額に算入される一時所得の金額は、50万円である。




解答

×(不適切)

解説

総収入金額から支出金額を差し引き、さらに特別控除額(最大50万円)を差し引いた残額が一時所得になります。

一時所得=総収入金額-支出金額-50万円

なお、一時所得は、その所得金額の2分の1を給与所得などの他の所得の金額と合算して総所得金額を計算します。

総所得金額に算入される一時所得=一時所得×2分の1

よって、所得税における一時所得に係る総収入金額が500万円で、その収入を得るために支出した金額が400万円である場合、総所得金額に算入される一時所得の金額は25万円になります。

一時所得=500万円-400万円-50万円=50万円

総所得金額に算入される一時所得=50万円×2分の1=25万円

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。