分野:不動産

三択問題

 個人が自宅の土地および建物を譲渡し、「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例」の適用を受けるためには、譲渡した年の1月1日において当該譲渡資産の所有期間が【 ① 】を超えていることや、当該譲渡資産の譲渡対価の額が【 ② 】以下であることなどの要件を満たす必要がある。

  1. ①5年 ・ ②1億円
  2. ①5年 ・ ②1億6,000万円
  3. ①10年 ・ ②1億円

解答

3

解説

 本特例の適用を受けるためには、譲渡した年の1月1日において当該譲渡資産の所有期間が10年を超えていることや、当該譲渡資産の譲渡対価の額が1億円以下であることなどの要件を満たす必要があります。

 他にも、「居住期間が10年以上」「新たに購入する居住用財産の床面積が50㎡以上」などの要件を満たす必要があります。