分野:相続

三択問題

 「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の適用を受けた場合、受贈者1人につき【 ① 】までは贈与税が非課税となるが、学校等以外の者に対して直接支払われる金銭については、【 ② 】が限度となる。

  1. ①1,000万円 ・ ②500万円
  2. ①1,500万円 ・ ②500万円
  3. ①1,500万円 ・ ②1,000万円

解答

2

解説

 「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の適用を受けた場合、受贈者1人につき1,500万円までは贈与税が非課税になります。

 ただし、学校等以外の者(ex.学習塾や習い事など)に対して直接支払われる金銭については、500万円が限度になります。

管理人

限度額1,000万円の「直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」と混同しないように気をつけましょう。