2022年1月試験

【過去問解説】FP3級 学科試験 2022年1月 問42(投資信託)

三択問題

分野:金融

先物やオプションを利用し、ベンチマークとなる指標の上昇率に対して2倍、3倍等の投資成果を目指すファンドは、【?】ファンドに分類される。

  1. ベア型
  2. ブル型
  3. インバース型



解答

2

解説

先物やオプションを利用し、ベンチマークとなる指標の上昇率に対して2倍、3倍等の投資成果を目指すファンドは、ブル型(レバレッジ型)ファンドに分類されます。指標が上昇すれば上昇するほど投資成果が増大します。

ブル型の「ブル」は牛(bull)のことなので、「上向きに生えている角」をイメージすると覚えやすいです。

一方、先物やオプションを利用し、ベンチマークとなる指標の下落率に対して2倍、3倍等の投資成果を目指すファンドは、ベア型(インバース型)ファンドに分類されます。指標が下落すれば下落するほど投資成果が増大します。

ベア型の「ベア」は熊(bear)のことなので、「振り下ろす爪」をイメージすると覚えやすいです。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。