分野:相続・事業継承

四択問題

 下記の宅地における路線価方式による自用地価額として、最も適切なものはどれか。なお、奥行価格補正および側方路線影響加算以外の補正は考慮しないものとする。

問題資料
  1. (200千円×0.99+250千円×1.00×0.03)×400㎡=81,200千円
  2. (200千円×0.99+250千円×1.00×0.03)×400㎡=82,200千円
  3. (250千円×1.00+200千円×0.99×0.02)×400㎡=101,584千円
  4. (250千円×1.00+200千円×0.99×0.03)×400㎡=102,376千円



解答

4

解説

 まずは、「路線価」と「奥行価格補正率」を使って、どちらが正面になるかを判定しましょう。

  1. 200千円×0.99=198千円
  2. 250千円×1.00=250千円

 「198千円<250千円」より、2.の「250D」が正面、1.の「200D」が側面になります。あとは、評価額算定の公式で金額を計算するだけです。計算式は必ず暗記しましょう。

 なお、本問の宅地は角地なので、側方路線影響加算率は0.03になります。

{(正面路線価×奥行価格補正率)+(側面路線価×奥行価格補正率×側方路線影響加算率)}×地積

{(250千円×1.00)+(200千円×0.99×0.03)}×400㎡=102,376千円