分野:金融

四択問題

 一般的なオプション取引に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. オプションとは、あらかじめ定められた将来の期日または一定の期間内に、原資産をあらかじめ定められた価格で売る権利または買う権利のことである。
  2. オプションの買い手は、オプションを行使する権利を有するが、その権利を放棄することもできる。
  3. オプションの売り手の最大損失は、プレミアム(オプション料)に限定される。
  4. コール・オプション、プット・オプションのいずれも、他の条件が同じであれば、満期までの期間が長いほど、プレミアム(オプション料)は高くなる。



解答

3

解説

 1.は適切。オプション取引において、特定の商品を一定の価格で買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションといいます。

 2.は適切。オプションの買い手は、売り手にオプション料を支払うことにより、一定の価格で「買う権利」または「売る権利」を手に入れます。

 商品の価格が予想と反対に動いた場合、オプションの買い手は権利を自由に放棄することができるため、損失はオプション料に限定されます。

 3.は不適切。オプションの売り手は、買い手からオプション料を受け取る代わりに、買い手がオプションを行使した場合に約束を履行する義務があります。

 売り手の利益はオプション料に限定されますが、損失は(計算上は)無限大になります。

 4.は適切。満期までの期間が長いほど価格が大きく変動する可能性が高くなるため、オプションの(時間)価値は高くなります。その結果、プレミアム(オプション料)も高くなります。