2017年1月試験

FP2級 学科試験 2017年1月 問32(過去問解説)

四択問題

分野:タックス

所得税における各種所得の金額の計算上、控除される金額に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、所得にかかる収入金額については、いずれも最小限控除される額を超えているものとする。

  1. 利子所得の金額の計算上、収入金額から控除される金額はない。
  2. 給与所得の金額の計算上、収入金額からその収入金額に応じて計算される給与所得控除額が控除される。
  3. 退職所得の金額の計算上、収入金額からその収入金額に応じて計算される退職所得控除額が控除される。
  4. 公的年金等にかかる雑所得の金額の計算上、収入金額からその者の年齢と収入金額に応じて計算される公的年金等控除額が控除される。



解答

3

解説

1.は適切。収入金額(実際に受け取った金額)がそのまま利子所得になります。

2.は適切。給与所得は、収入金額から給与所得控除額を差し引いた残額になります。

3.は不適切。退職所得の金額の計算上、収入金額からその勤続年数に応じて計算される退職所得控除額が控除されます。

  • 勤続年数20年以下:40万円×勤続年数
  • 勤続年数20年超:40万円×20年+70万円×(勤続年数-20年)

4.は適切。年金を受け取る人の年齢を「65歳未満」と「65歳以上」に分けたうえで、公的年金等の収入金額に応じて、公的年金等控除の金額が決まります。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。