分野:ライフ

問題

 労働者災害補償保険の給付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 業務上の疾病の療養により労働することができないために賃金を受けられない場合、賃金を受けない日の第1日目から休業補償給付が支給される。
  2. 労災指定病院で療養補償給付として受ける療養の給付については、労働者の一部負担金はない。
  3. 業務上の傷病が治癒し、身体に一定の障害が残った場合、その障害の程度が労働者災害補償保険法に規定する障害等級に該当するときは、障害補償給付が支給される。
  4. 業務上の傷病により死亡した場合は、葬祭を行う者に葬祭料が支給される。

解答

1

解説

 1.は不適切。業務上の疾病の療養により労働することができないために賃金を受けられない日が4日以上ある場合、賃金を受けない日の第4日目から休業補償給付(=給付基礎日額の60%×休業日数)が支給されます。

 2.は適切。労災指定病院以外で療養補償給付として受ける療養の給付については、いったん療養費を立て替えて支払うことになります。

 3.は適切。障害等級は後遺障害のレベルに応じて14段階(第1級~第14級)あり、障害が残っている期間1年につき「給付基礎日額の●日分」という形で支給されます。

 4.は適切。支給される葬祭料は、315,000円に給付基礎日額の30日分を加えた額ですが、この額が給付基礎日額の60日分に満たない場合は、給付基礎日額の60日分が支給されます。