分野:タックス

四択問題

 所得税の原則的な取扱いに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 所得税は、国や地方公共団体の会計年度と同様、毎年4月1日から翌年3月31日までの期間を単位として課される。
  2. 課税総所得金額に対する所得税は、所得の金額に応じた超過累進税率により計算される。
  3. 所得税は、納税者の申告により、税務署長が所得や納付すべき税額を決定する賦課課税方式を採用している。
  4. 所得税の納税義務者は、日本国籍を有し、かつ日本国内に住所がある個人に限定されている。



解答

2

解説

 1.は不適切。所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た収入から必要経費を差し引いた金額(所得)に課されます。

 2.は適切。所得税の計算にあたっては、課税される所得金額を7つに区分したうえで、それぞれの区分ごとに決められた税率(5%~45%)を適用する超過累進税率が適用されています。

 なお、所得税の速算表を使う場合は、課税される所得金額に各区分ごとに決められた税率を乗じたうえで、各区分ごとに決められた控除額を差し引いて所得税を計算します。

 3.は不適切。税金の納付方法は「申告納税方式(納税者が税額を計算する方式)」と「賦課課税方式(国などが税額を計算し、納税者に通知する方式)」の2つがありますが、所得税は申告納税方式です。

  • 申告納税方式:所得税、法人税、相続税など
  • 賦課課税方式:住民税、固定資産税など

 4.は不適切。日本国籍を有していなくても、税法上の居住者(非永住者を除く)に該当すれば、すべての所得に対して所得税が課されます。