分野:ライフプランニングと資金計画

四択問題

 年代に対応した一般的なライフステージ別資金運用に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 20~30歳代で、結婚や住宅取得に向けた資金作りに取り組む時期には、リスクのある資金運用も可能であるが、将来のために金銭管理の方法や運用の知識を身に付けることも重要である。
  2. 30~40歳代で、子どもの教育費や住宅取得のための資金計画を立てる時期には、資金の目的や本人の金融知識に適合した運用方法を選択することが重要である。
  3. 40~50歳代前半で、子どもの教育費や住宅ローンの返済など家計負担が重くなる時期には、セカンドライフを視野に入れた長期的な資金運用を検討することも重要となる。
  4. 50歳代後半以降で、セカンドライフのために退職金を含めた長期的な資金計画を立てる時期には、将来の生活資金確保のためリスクを気にせずハイリターン追求を優先する資金運用が重要となる。



解答

4

解説

 1.は適切。20~30歳代は時間を味方につけることができるため、リスクのある資金運用も可能です。

 2.と3.は適切

 4.は不適切。セカンドライフのために退職金を含めた資金計画を立てる時期には、将来の生活資金確保を優先したローリスクな資金運用が重要になります。