分野:タックス

四択問題

 決算書および法人税申告書に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 損益計算書は、一会計期間における企業の経営成績を表している。
  2. 貸借対照表は、決算期末時点等、一時点における企業の財政状態を表している。
  3. 決算書における当期純利益と法人税申告書における各事業年度の所得の金額は、必ず一致する。
  4. キャッシュフロー計算書は、一会計期間における企業の資金の増減を示したものである。



解答

3

解説

 1.と2.と4.は不適切。損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書は財務諸表のひとつです。また、損益計算書・貸借対照表は計算書類のひとつです。

  • 財務諸表:金融商品取引法で定められている決算書(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、株主資本等変動計算書、附属明細表)
  • 計算書類:会社法で定められている決算書(貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表)

 3.は不適切。決算書における当期純利益に税務調整を加えたものが法人税申告書における各事業年度の所得の金額になるため、両者は必ず一致するとはかぎりません。

当期純利益±税務調整=所得金額

  • 4つの税務調整
    • 会計上の利益にプラスするもの:益金算入・損金不算入
    • 会計上の利益からマイナスするもの:益金不算入・損金算入