分野:金融

四択問題

 東京証券取引所が公表した「投資部門別株式売買状況東証第一部[金額]全50社委託内訳」をもとに作成した2018年における投資主体別の動向を示す下記<資料>の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

資料
  1. (ア)個人 ・(イ)海外投資家 ・(ウ)金融機関 ・(エ)事業法人
  2. (ア)個人 ・(イ)海外投資家 ・(ウ)事業法人 ・(エ)金融機関
  3. (ア)海外投資家 ・(イ)個人 ・(ウ)金融機関 ・(エ)事業法人
  4. (ア)海外投資家 ・(イ)個人 ・(ウ)事業法人 ・(エ)金融機関



解答

4

解説

 (ア)には海外投資家、(イ)には個人が入ります。

 2018年においては、海外投資家が450兆円前後、国内の個人投資家が100兆円前後の売買を行っています。近年は海外投資家の売買が活発になっています。

 また、(ウ)には事業法人、(エ)には金融機関が入ります。

 法人の投資主体は、投資信託・事業法人・その他法人等・金融機関の4つに分類されます。法人の中で売買の規模が最も大きいのは金融機関ですが(約26兆円)、近年は投資信託の売買が活発になっています。