分野:リスク

四択問題

 個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 変額個人年金保険では、保険料の特別勘定による運用成果によって、将来受け取る年金額等が変動するが、死亡給付金については基本保険金額が最低保証されている。
  2. 終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約内容が同一の場合、保険料は被保険者が女性の方が男性よりも高くなる。
  3. 確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた年金受取総額と同額の死亡給付金を受け取ることができる。
  4. 保証期間のない有期年金では、年金受取期間中に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、それ以降の年金は支払われない。

解答

3

解説

 1.は適切。将来の年金額や解約返戻金には最低保証はありませんが、死亡給付金には最低保証(基本給付金)があります。

 2.は適切。終身年金は生存している間ずっと、年金を受け取ることができます。

 被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間などの契約内容が同一の場合、女性のほうが男性よりも平均寿命が長いため、保険料は女性のほうが男性よりも高くなります

  • 男性の平均寿命は80代前半 → 年金受取期間が女性よりも短い → 女性よりも保険料が安い
  • 女性の平均寿命は80代後半 → 年金受取期間が男性よりも長い → 男性よりも保険料が高い

 なお、終身保険は保証が一生涯続く保険です。被保険者の年齢・死亡保険金額・保険料払込期間など契約内容が同一の場合、終身保険の保険料は被保険者の性別に関係なく同額になります。終身年金と混同しないように気をつけましょう。

 3.は不適切。確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた死亡給付金(既払込保険料相当額)を受け取ることができます。年金受取総額と同額ではありません。

 4.は適切。保証期間のない有期年金は、被保険者が生存している間の一定期間のみ年金を受け取ることができます。一定期間中に被保険者が死亡した場合、年金の支払いは終了します。

管理人

本問は、2018年9月試験の第11問とほとんど同じ問題です!