分野:金融

四択問題

 上場投資信託(ETF)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. ETFの売買には、上場株式と同様に売買委託手数料が発生するが、非上場の投資信託とは異なり、運用管理費用(信託報酬)は発生しない。
  2. インバース型のETFは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの指標の日々の変動率に一定の正の倍数を乗じて算出される指数に連動した運用成果を目指して運用される。
  3. 証券取引所を通じて行うETFの売買取引では、現物取引のほか、信用取引も行うことができる。
  4. ETFの分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)があり、税法上、普通分配金は課税対象となり、元本払戻金(特別分配金)は非課税である。

解答

3

解説

 ETFは「Exchange Traded Funds」の略語で、特定の指数に連動するように設計・運用されている投資信託です。

 全てのETFは金融商品取引所に上場しているため、一般の株式と同じように成行注文や指値注文による売買が可能です。

 1.は不適切。ETFも非上場の投資信託と同様に、運用管理費用(信託報酬)が徴収されます。

  • ETFのコスト
    • 購入時:委託手数料(売買手数料)
    • 保有時:信託報酬
    • 売却時:委託手数料(売買手数料)
  • 投資信託のコスト
    • 購入時:販売手数料
    • 保有時:信託報酬
    • 売却時:信託財産留保額、換金手数料など

 2.は不適切。本肢はインバース型ではなくレバレッジ型の説明です。

 インバース型のETFは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの指標の日々の変動率に一定の負の倍数を乗じて算出される指数に連動した運用成果を目指して運用されます。

  • レバレッジ型:変動率に一定の正の倍数を乗じて算出される指数に連動→対象指標が上がったら価格が(倍数に応じて)大きく上昇する
  • インバース型:変動率に一定の負の倍数を乗じて算出される指数に連動→対象指標が上がったら価格が(倍数に応じて)大きく下落する

 3.は適切。上述のとおり、全てのETFは金融商品取引所に上場しているため、現物取引だけでなく信用取引を行うことも可能です。

 4.は不適切。ETFの分配金に対する課税は、一般の株式の配当金に準じて処理されるため、投資信託のような個別元本方式による課税は行われません。

 よって、分配金を普通分配金と元本払戻金(特別分配金)に区別することなく、その全額が課税の対象になります。