分野:タックス

四択問題

 次のうち、所得税における非課税所得に該当するものはどれか。

  1. 個人が券面額を下回る価額で購入した利付国債の償還差益
  2. 年金受給者が受け取った老齢基礎年金
  3. 賃貸不動産の賃貸人である個人が賃借人から受け取った家賃
  4. 給与所得者が受け取った雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金

解答

4

解説

 1.は、非課税所得に該当しません。個人が券面額を下回る価額で購入した利付国債の償還差益には所得税(譲渡所得)がかかります。

 2.は、非課税所得に該当しません。年金受給者が受け取った老齢基礎年金には所得税(雑所得)がかかります。

 3.は、非課税所得に該当しません。賃貸不動産の賃貸人である個人が賃借人から受け取った家賃には所得税(不動産所得)がかかります。

 4.は、非課税所得に該当します。雇用保険の基本手当は「損失の補填(=マイナスを減らす)」を目的としているので、原則として非課税になります。