分野:ライフ

四択問題

 ライフプランニングにおけるライフステージ別の一般的な資金の活用等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. Aさん(25歳)は、子の教育資金を準備するため、金融機関のカードローンで資金を借り入れ、高リスクだが、高い収益が見込める金融商品を購入して積極的な運用を図ることとした。
  2. Bさん(40歳)は、老後の生活資金を充実させるために、確定拠出年金の個人型年金(iDeCo)を利用して余裕資金を運用することとした。
  3. Cさん(60歳)は、退職金と預貯金のうち、今後の生活資金を確保した残りの余裕資金から、子が住宅を取得するための頭金として、税務上非課税となる範囲で現金を贈与することとした。
  4. Dさん(70歳)は、相続対策として、相続人がもめないように、遺言執行者として弁護士を指定した自筆証書遺言を作成し、法務局(遺言書保管所)に保管の申請をすることとした

解答

1

解説

 1.は不適切。20代のAさんには教育資金を準備する時間に余裕があるため、本肢後段の「高リスクだが、高い収益が見込める金融商品を購入して積極的な運用を図ることとした」の部分は特に問題ありません。

 ただ、前段の「金融機関のカードローンで資金を借り入れ」の部分に問題があります。ハイリスク・ハイリターンの金融商品は余剰資金で投資すべきであり、金利の高いカードローンで資金を借り入れてまで投資すべきではありません。

 2.と3.と4.は適切

管理人

本問は、2019年1月試験の第2問とほとんど同じ問題です!