分野:金融

四択問題

 株式市場の各種指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  2. JPX日経インデックス400は、東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式のうち、時価総額やROEといった指標等により選定された400銘柄を対象として算出される。
  3. 東証REIT指数は、東京証券取引所に上場している不動産投資信託のうち、時価総額上位10銘柄を対象として算出される。
  4. S&P500種株価指数は、ロンドン証券取引所に上場している代表的な銘柄のうち、時価総額上位500銘柄を対象として算出される。

解答

2

解説

 1.は不適切。東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出されるのは、日経平均株価ではなく東証株価指数(TOPIX)です。

 日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場する代表的な225銘柄を対象とする修正平均型の株価指標です。

 2.は適切。年に1回、銘柄の入れ替えが行われます。

 3.は不適切。東証REIT指数は、東京証券取引所に上場しているREIT(不動産投資信託)全銘柄を対象として算出される時価総額加重平均型の指数です。

 4.は不適切。S&P500種株価指数は、ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している銘柄のうち、代表的な500銘柄を対象とする修正平均型の株価指数です。