2022年1月試験

FP2級 学科試験 2022年1月 問58(過去問解説)

四択問題

分野:相続

2021年10月11日(月)に死亡した被相続人が保有していた上場株式の1株当たりの相続税評価額として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

資料
  1. 2,430円
  2. 2,450円
  3. 2,510円
  4. 2,530円



解答

2

解説

上場株式の評価額は、以下の4つのうち最も低い金額になります。

  • 課税時期の最終価格
  • 課税時期の月の毎日の最終価格の平均額
  • 課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均額
  • 課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均額

これを本問にあてはめてみましょう。

  • 課税時期(2021年10月11日)の最終価格:2,510円
  • 課税時期の月(2021年10月)の毎日の最終価格の平均額:2,530円
  • 課税時期の月の前月(2021年9月)の毎日の最終価格の平均額:2,480円
  • 課税時期の月の前々月(2021年8月)の毎日の最終価格の平均額:2,450円

本問の場合、課税時期の月の前々月(2021年8月)の毎日の最終価格の平均額が最も低い金額になるため、2,450円が相続税評価額になります。

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。