分野:リスク

正誤問題

 リスク細分型自動車保険は、性別、年齢、運転歴、地域、使用目的、年間走行距離その他の属性によって保険料を算定するもので、一般に、保険料を比較すると、通勤使用よりもレジャー使用のほうが割高になる。




解答

×(不適切)

解説

 自動車保険の使用目的は、一般的には「レジャー使用」「通勤・通学使用」「業務使用」の3つに分類されます。

 車を運転する機会が多ければ多いほど、事故に遭う確率は高くなりますので、保険料の大小関係は「レジャー使用<通勤・通学費用<業務使用」になります。