分野:相続

正誤問題

 相続税の計算において、「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けるためには、相続が開始した日において被相続人との婚姻期間が20年以上でなければならない。




解答

×(不適切)

解説

 相続税の配偶者に対する税額軽減には、婚姻期間の制約はありません

 なお、贈与税の配偶者控除には「婚姻期間が20年以上」という要件があります。両者を混同しないように気をつけましょう。