2017年5月試験

FP3級 学科試験 2017年5月 問47(過去問解説)

三択問題

分野:タックス

契約者(=保険料負担者)・被保険者・満期保険金受取人がいずれもAさんである一時払養老保険(保険期間10年、正味払込済保険料1,000万円)が満期となり、満期保険金1,100万円を一時金で受け取った場合、一時所得の金額は【 ① 】と計算され、うち【 ② 】が総所得金額に算入される。

  1. ①50万円 ・ ②25万円
  2. ①100万円 ・ ②25万円
  3. ①100万円 ・ ②50万円



解答

1

解説

一時所得は、総収入金額(満期保険金)から支出金額(正味払込済保険料)を差し引き、さらに特別控除額(最高50万円)を差し引いて計算します。

一時所得=総収入金額-支出金額-特別控除額

一時所得=1,100万円-1,000万円-50万円=50万円

なお、総所得金額に算入されるのは、一時所得の金額の2分の1です。

総所得金額に算入される金額=50万円÷2=25万円

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。