分野:タックス

正誤問題

 所得税における事業所得の金額の計算上、使用可能期間が1年未満または取得価額が10万円未満の減価償却資産については、その取得価額に相当する金額を、業務の用に供した日の属する年分の必要経費に算入する。




解答

◯(適切)

解説

 減価償却資産は通常、時間の経過にともなって減少していく価値を、定額法や定率法により毎期見積もって費用計上します。

 ただし、使用可能期間が1年未満または取得価額が10万円未満の少額減価償却資産については、手間をかけて減価償却費を計算する必要性が乏しいため、取得価額の全額をその期の必要経費として処理します。