分野:タックス

正誤問題

 所得税における一時所得の金額は、その年中の一時所得に係る総収入金額からその収入を得るために支出した金額の合計額を控除し、その残額から特別控除額(最高50万円)を控除した金額であり、その金額が総所得金額に算入される。




解答

×(不適切)

解説

 前半の一時所得の計算方法の記述は正しいです。総収入金額から支出金額および特別控除額を差し引いて、一時所得の金額を計算します。

一時所得=総収入金額-支出金額-特別控除額(最高50万円)

 ただ、総所得金額に算入されるのは一時所得の全額ではなく2分の1だけになります。最後まできちんと読まずに「適切」と判断しないように気をつけましょう。