2017年9月試験

FP3級 学科試験 2017年9月 問24(過去問解説)

正誤問題

分野:不動産

固定資産税における小規模住宅用地(住宅用地で住宅1戸あたり200㎡以下の部分)の課税標準については、当該住宅用地にかかる固定資産税の課税標準となるべき価格の4分の1の額とする特例がある。




解答

×(不適切)

解説

固定資産税における小規模住宅用地の課税標準については、課税標準となるべき価格の6分の1の額とする特例が定められています。

固定資産税=課税標準(←本特例はこの部分が対象)×1.4%

  • 住宅用地の課税標準の特例
  • 小規模住宅用地(200㎡以下の部分)の課税標準は、固定資産税評価額の6分の1の額
  • 一般住宅用地(200㎡超の部分)の課税標準は、固定資産税評価額の3分の1の額
田口先生1
田口先生
本問は、2019年9月試験の第25問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。