分野:不動産

正誤問題

 固定資産税における小規模住宅用地(住宅用地で住宅1戸あたり200㎡以下の部分)の課税標準については、当該住宅用地にかかる固定資産税の課税標準となるべき価格の5分の1の額とする特例がある。

解答

×(不適切)

解説

 固定資産税における小規模住宅用地(住宅用地で住宅1戸あたり200㎡以下の部分)の課税標準については、当該住宅用地にかかる固定資産税の課税標準となるべき価格の6分の1の額とする特例が定められています。

 また、一般住宅用地(住宅用地で住宅1戸あたり200㎡超の部分)の課税標準についても、課税標準となるべき価格の3分の1の額とする特例が定められています。必ずセットで押さえておきましょう。

  • 固定資産税の住宅用地の課税標準の特例
    • 小規模住宅用地(200㎡以下の部分)の課税標準は、固定資産税評価額の6分の1の額
    • 一般住宅用地(200㎡超の部分)の課税標準は、固定資産税評価額の3分の1の額