分野:タックス

三択問題

 土地・建物等の譲渡に係る所得については、【 ① 】における所有期間が【 ② 】を超えるものは長期譲渡所得に区分され、【 ② 】以下であるものは短期譲渡所得に区分される。

  1. ①譲渡契約の締結日 ・ ②3年
  2. ①譲渡した日の属する年の1月1日 ・ ②5年
  3. ①譲渡した日の属する年の1月1日 ・ ②10年



解答

2

解説

 土地・建物等の譲渡にかかる所得は、所有期間により「長期譲渡所得」と「短期譲渡所得」に分類されます。

 具体的には、譲渡した日の属する年の1月1日の時点における所有期間が5年を超えるものは長期譲渡所得に区分され、5年以下であるものは短期譲渡所得に区分されます。

  • 譲渡した年の1月1日時点の所有期間が5年超:長期譲渡所得
    • 分離長期譲渡所得に課される税金:所得税15%+住民税5%=20%
  • 譲渡した年の1月1日時点の所有期間が5年以下:短期譲渡所得
    • 分離短期譲渡所得に課される税金:所得税30%+住民税9%=39%
管理人

本問は、2019年1月試験の第55問とほとんど同じ問題です!