2018年1月試験

FP3級 学科試験 2018年1月 問29(過去問解説)

正誤問題

分野:相続

上場株式の相続税評価額は、原則として、その株式が上場されている金融商品取引所の公表する課税時期の最終価格によって評価した価額と、その課税時期の属する月以前2か月間の毎日の最終価格の平均額のうちいずれか高い価額となる。




解答

×(不適切)

解説

上場株式の相続税評価額は、以下の4つのうち最も低い金額(=相続税が一番安くなる金額)になります。

  • 課税時期の最終価格
  • 課税時期の月の毎日の最終価格の平均額
  • 課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均額
  • 課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均額

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。