2018年5月試験

FP3級 学科試験 2018年5月 問29(過去問解説)

正誤問題

分野:相続

2017年中に開始した相続において、相続人が被相続人の配偶者と子2人の計3人である場合、相続税の計算における遺産にかかる基礎控除額は、8,000万円である。




解答

×(不適切)

解説

相続税における遺産にかかる基礎控除額は、2014年度までは「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」でしたが、2015年度から「3,000万円+600万円×法定相続人の数」に引き下げられました。

なお、法定相続人を計算においては、相続を放棄した人がいた場合でも放棄がなかったものと仮定して人数を計算します。

また、養子がいる場合で、被相続人に実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人まで法定相続人の数に算入することができます。

よって、2017年中に開始した相続において相続人が被相続人の配偶者と子2人の計3人である場合、相続税の計算における遺産にかかる基礎控除額は4,800万円になります。

3,000万円+600万円×3人=4,800万円

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。