分野:ライフ

三択問題

 貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付を利用する場合の借入合計額は、原則として、年収の【?】以内でなければならない。

  1. 4分の1
  2. 3分の1
  3. 2分の1



解答

2

解説

 貸金業法の総量規制により、個人が貸金業者による個人向け貸付を利用する場合の借入合計額は、原則として、他社借入れ分を含めて年収の3分の1以内とされています。

管理人

本問は、2017年9月試験の第35問2018年9月試験の第35問とほとんど同じ問題です!