2019年9月試験

FP3級 学科試験 2019年9月 問38(過去問解説)

三択問題

分野:リスク

養老保険の福利厚生プランでは、契約者(=保険料負担者)および満期保険金受取人を法人、被保険者を【 ① 】、死亡保険金受取人を被保険者の遺族とすることにより、支払保険料の【 ② 】を福利厚生費として損金の額に算入することができる。

  1. ①役員 ・ ②3分の1相当額
  2. ①役員および従業員全員 ・ ②2分の1相当額
  3. ①従業員全員 ・ ②全額



解答

2

解説

養老保険の福利厚生プランでは、契約者(=保険料負担者)および満期保険金受取人を法人、被保険者を役員および従業員全員、死亡保険金受取人を被保険者の遺族とすることにより、支払保険料の2分の1相当額を福利厚生費として損金の額に算入することができます。

法人の仕訳(※仮に支払保険料が30万円の場合)
(借)福利厚生費 150,000
(借)保険料積立金 150,000
 (貸)現金など 300,000

このような保険を「2分の1養老保険(ハーフタックスプラン)」といいます。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。