2019年9月試験

FP3級 学科試験 2019年9月 問39(過去問解説)

三択問題

分野:リスク

損害保険において、保険契約者が負担する保険料と事故発生の際に支払われる保険金は、それぞれの事故発生リスクの大きさや発生確率に見合ったものでなければならないとする考え方を、【?】という。

  1. 大数の法則
  2. 給付・反対給付均等の原則(公平の原則)
  3. 収支相等の原則



解答

2

解説

保険契約者が負担する保険料と事故発生のさいに支払われる保険金は、それぞれの事故発生リスクの大きさや発生確率に見合ったものでなければならないとする考え方を、給付・反対給付均等の原則(公平の原則・レクシスの原則)といいます。

なお、大数の法則は、試行回数を増やすことにより確率が一定値に近づくという定理です。例えば、サイコロで1が出る確率は、サイコロを振る回数を増やせば増やすほど6分の1に近づいていきます。

また、収支相等の原則は、全体で見たときに「契約者が支払う保険料」と「保険料の運用収益」の合計額と、「保険会社が支払う保険金」と「事業経費」の合計額とが等しくなるように保険料を算定することをいいます。

保険制度は「大数の法則」と「収支相等の原則」をベースとして成り立っており、損害保険はさらに「給付・反対給付均等の原則」と「利得禁止の原則」も加味されます。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。