2019年9月試験

FP3級 学科試験 2019年9月 問45(過去問解説)

三択問題

分野:金融

預金保険制度の対象金融機関に預け入れた【?】は、預入金額の多寡にかかわらず、その全額が預金保険制度による保護の対象となる。

  1. 定期積金
  2. 決済用預金
  3. 大口定期預金



解答

2

解説

利息の付かない普通預金や当座預金(企業や個人事業主が使う決済用の口座)を決済用預金といいます。決済用預金はその全額が保護の対象になります。

なお、利息の付く普通預金や定期積金、大口定期預金などの一般預金等に関しては、1金融機関ごとに預金者1人あたり元本1,000万円までと、その元本にかかる利息が保護されます。

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。