分野:タックス

三択問題

 個人が、相続、遺贈または個人からの贈与により取得するものは、所得税においては【?】となる。

  1. 非課税所得
  2. 譲渡所得
  3. 雑所得



解答

1

解説

 個人が相続や遺贈によって財産を取得した場合、相続税の課税対象になります。また、個人が個人からの贈与により財産を取得した場合、贈与税の課税対象になります。

 よって、個人が、相続、遺贈または個人からの贈与により取得するものは、所得税においては非課税になります。

 なお、個人が法人からの贈与により財産を取得した場合、贈与税ではなく所得税の課税対象になります(一時所得)。