2021年1月試験

FP3級 学科試験 2021年1月 問47(過去問解説)

三択問題

分野:タックス

国内において支払を受ける預貯金の利子は、原則として、所得税および復興特別所得税と住民税の合計で【 ① 】の税率による【 ② 】分離課税の対象となる。

  1. ①10.21% ・ ②申告
  2. ①20.315% ・ ②申告
  3. ①20.315% ・ ②源泉



解答

3

解説

国内において支払を受ける預貯金の利子(利子所得)は、原則として、所得税・復興特別所得税・住民税を合わせて20.315%の税率による源泉分離課税の対象になります。

  • 所得税(国税):15%
  • 復興特別所得税:15%×2.1%=0.315%
  • 住民税(地方税):5%
  • 合計:15%+0.315%+5%=20.315%
田口先生1
田口先生
本問は、2019年5月試験の第46問とほとんど同じ問題です!

FP3級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP3級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。