2018年5月試験

FP2級 学科試験 2018年5月 問28(過去問解説)

四択問題

分野:金融

ポートフォリオ理論等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. ポートフォリオの期待収益率は、ポートフォリオに組み入れた各資産の期待収益率を組入比率で加重平均した値となる。
  2. シャープレシオは、「ポートフォリオ全体のリスク(標準偏差)」を「ポートフォリオ全体の収益率から無リスク資産収益率を減じたもの」で除すことにより求められる。
  3. 株式のポートフォリオにおいて、組入れ銘柄数を増やすことにより、システマティック・リスクを低減することができる。
  4. 異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が-1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの低減)は得られない。



解答

1

解説

1.は適切。例えば、A資産の期待収益率が2%、B資産の期待収益率が1%の場合、A資産を80%、B資産を20%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は1.8%(=2%×0.8+1%×0.2)になります。

2.は不適切。シャープレシオは、「ポートフォリオ全体の収益率から無リスク資産収益率を減じたもの」を「ポートフォリオ全体のリスク(標準偏差)」で除すことにより求められます。計算式の順番がです。

なお、シャープレシオは投資の効率性を示す指標のため、この数値が大きければ大きいほど、投資効率・パフォーマンスが良かったことを示します。

3.は不適切。システマティック・リスクは、海外の資本市場の動向や政府要人の発言、全国的な気候や災害など市場全体に起因するリスクのため、組入銘柄を増やしても低減することができません

なお、アンシステマティック・リスクは個々の企業に起因するリスクのため、組入れ銘柄数を増やすことにより低減することができます。

  • システマティック・リスク→市場全体に起因するリスク→分散投資しても低減不可能
  • 非システマティック・リスク→個々の企業に起因するリスク→分散投資により低減可能

4.は不適切。2資産間の相関係数は、2つの資産の値動きの連動性を示す指標です。数値は「+1~-1」で表されます。

2資産間の相関係数が-1となる場合、2つの資産の値動きが正反対になるため、ポートフォリオを組成することによる分散投資(リスク低減)の効果は最大になります。

  • 相関係数+1:2つの資産の値動きが全く同じ(=分散投資の効果はゼロ)
  • 相関係数0:2つの資産の値動きに規則性なし
  • 相関係数-1:2つの資産の値動きが正反対(=分散投資の効果は最大)

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。