2018年5月試験

FP2級 学科試験 2018年5月 問37(過去問解説)

四択問題

分野:タックス

株式会社X(以下「X社」という)に関する下記<X社のデータ>に基づき算出される法人税の計算における交際費等の損金算入額として、最も適切なものはどれか。なお、X社が支出した交際費等はすべて接待飲食費であり、X社の役員・従業員等に対する接待等のために支出した飲食費や参加者1人あたり5,000円以下の飲食費は含まれていないものとする。また、当期の所得金額が最も少なくなるように計算すること。

X社のデータ
  1. 200万円
  2. 500万円
  3. 800万円
  4. 1,000万円



解答

3

解説

まず、問題文の「X社が支出した交際費等はすべて接待飲食費であり、X社の役員・従業員等に対する接待等のために支出した飲食費や参加者1人あたり5,000円以下の飲食費は含まれていない」から、交際費等の支出金額1,000万円全額が交際費に該当すると判断します。

また、問題資料の「期末資本金の額:5,000万円」から、X社が中小法人に該当すると判断できます。なお、交際費の損金算入限度額は以下のとおりです。

  • 期末の資本金の額が1億円超(大法人):交際費支出額のうち飲食支出額の50%
  • 期末の資本金の額が1億円未満(中小法人):以下のどちらか自由に選択できる
  • 交際費支出額のうち飲食支出額の50%
  • 交際費支出額のうち800万円以下の全額

交際費支出額のうち飲食支出額の50%=1,000万円×50%=500万円

交際費支出額のうち800万円以下の全額=800万円

よって、当期の所得金額が最も少なくなるように計算すると、法人税の計算における交際費等の損金算入額は800万円になります(※損金不算入額は200万円)。

田口先生1
田口先生
本問は、2017年5月試験の第38問とほとんど同じ問題です!

FP2級 過去問解説 全問リスト

【試験回別】過去問解説
FP2級 過去問解説

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。