分野:相続

正誤問題

 子が父の所有する土地を無償で借り受け、その土地の上に建物を建築した場合には、父から子へ借地権の贈与があったものとして贈与税の課税対象となる。




解答

×(不適切)

解説

 父の土地を子が使用した場合には「借地権の使用貸借」となりますが、無償で借り受けているため借地権の使用貸借による借地を使用する権利の価額はゼロとして取り扱われます。

 よって、子に贈与税が課税されることはありません。なお、この使用賃借による借地権は、父から子に相続するさいに相続税の対象になります。