分野:ライフ

正誤問題

 住宅ローンの返済方法において元利均等返済方式と元金均等返済方式を比較した場合、返済期間や金利などの他の条件が同一であれば、通常、利息を含めた総返済金額が多いのは、元金均等返済方式である。




解答

×(不適切)

解説

 「元利均等返済方式」とは、毎回の返済額が一定となる返済方法です。返済当初は利息部分の割合が大きいものの、返済が進むに連れて元金部分の割合が大きくなっていきます。

 「元金均等返済方式」とは、毎回の返済額のうち元金が一定となる返済方法です。返済当初は利息部分の割合が大きく返済額が多いものの、返済が進むに連れて利息部分の割合が小さくなっていくので、結果的に返済額も減少していきます。

 返済期間や金利などの他の条件が同一であれば、通常、利息を含めた総返済金額が多いのは、元利均等返済方式になります。

 「元利均等返済方式」によると返済当初は利息部分の割合が大きく、元金がなかなか減らないため、結果的に「元金均等返済方式」よりも総返済額が多くなります。