分野:リスクマネジメント

正誤問題

 火災保険において、保険金額が保険価額に満たない保険を一部保険という。




解答

○(適切)

解説

 「保険金額」が「保険の対象になる財産の保険価額」に満たないものを一部保険といいます。

 また、保険金額が保険価額を超過するものを超過保険といい、保険金額と保険価額が一致するものを全部保険といいます。

  • 一部保険:保険金額<保険価額
  • 超過保険:保険金額>保険価額
  • 全部保険:保険金額=保険価額

 具体的な事例を示しますと…時価1億円(=保険価額1億円)の建物があったとして、保険金額が1億円未満(ex.8,000万円)のものが一部保険、1億円超(ex.1億2,000万円)のものが超過保険、1億円ぴったりのものが全部保険になります。